タンパク質と栄養

身長を伸ばすのに大きなウエイトを持つ栄養素とされているカルシウムですが、カルシウムより身長に大きな要素を持つのはタンパク質です。

 

このサイトでも至るところでタンパク質を摂ろうと書いてありますが、タンパク質を摂るとなぜ身長の伸びを期待できるのかというと、タンパク質は体内でアミノ酸に分解されて、さまざまな体の部材として使われるためです。

 

アミノ酸が足りないと、キズの修復、成長を鈍らせてしまうんです。

 

なのでタンパク質をたくさん摂りましょう。

 

しかし摂り方がありますので、今後の参考としてください。

 

タンパク質の摂り方

 

タンパク質には植物性と動物性があります。

 

動物性にも魚類、肉と種類があります。

 

それぞれの利点を挙げますと、肉類のタンパク質は体に吸収されやすく、体の材料に使われやすいという事です。しかし、付随する脂肪をたくさん摂りすぎると、肥満やコレステロール値を上げるなど、気を付けないといけませんので、摂り過ぎには注意でしょう。

 

魚類
動物性タンパク質として、非常に良い蛋白源です。しかも油は不飽和脂肪酸と言って、DHA、EPAと言った有名な血液サラサラ成分です。頭に良いと言われています。なので積極的に摂りたいです。

植物性
植物性のタンパク質として有名なのが豆類。豆類は畑の肉とも言われるほど素晴らしい蛋白源です。おまけに脂分はリノール酸が多く、血糖値を下げると言われています。値段も安く、豊富に摂れます。
リノレン酸と一緒に摂るとさらにバランスが良いらしいです。
リノレン酸は海藻類や魚介類に含まれます。

まとめますと、
手軽に取れる植物性、納豆、豆乳、豆腐をどれか1つでも毎日摂る、

 

週に何日かは魚、

 

毎日ほどほどのお肉と言ったバランスでしょうか。これは私的に可能なタンパク源の摂取だと思いますよ。
現実的に摂りやすいと思いますがいかがでしょうか?

トップへ戻る