身長を伸ばしたいなら

身長を伸ばしたいなら栄養素や睡眠以外に注意すべき点が3つあります。

 

  • 筋肉を付けすぎてはダメ(過剰な筋トレ、運動のこと)
  • 気性を激しくしない
  • 遺伝は無視

 

これです。

 

睡眠や栄養が大事なのは当サイトでも書いてありますし、みなさん一般的に当たり前なことです。ですが上の3つのポイントは知らない人も多いと思います。これは自分の考察ですが、かなり的を得ていると自負しております。

身長を伸ばすための注意記事一覧

成長期に筋トレをしすぎるのは止めましょう。僕が中学の頃はうさぎ跳びを毎日部活で行っておりました。膝が痛くなるし、足がパンパンになります。当時はスポ根時代でしたので何でも筋トレ筋トレでした。それこそタイヤをロープでくくり腰に巻き付けマラソンをしておりました。その結果20歳そこそこで筋骨隆々でマッチョとなっています。18歳位からかなり筋肉がついてきました。なぜ筋トレのし過ぎは成長に良くないのか筋トレを...

成長痛は体が成長する部位である骨の継ぎ目付近にある骨端軟骨が刺激を受けて痛みを伴うものです。さらに、急激な骨の発育に筋肉が付いて行かないで痛みを伴うこともあります。成長痛の主な部位は膝やかかと付近です。僕の記憶は古すぎて覚えておりませんが、子供が痛いと入っていた場所はかかとですね。ジンジンして痛い、と言った表現で訴えておりました。大体小学生から中学生に多く、それ以下ですと、活発に遊びすぎて関節に負...

ぶら下がることで身長が伸びるというのは誰でも一度は聞いていると思います。ぶら下がることと同じ作用の引っ張る器具というのもあります。ぶら下がるということは重力を開放して体の負担を緩めてあげる。通常の日常は寝ている以外は重力と戦っている状態。身長は上に伸びますが、重力は下に作用するわけで、常にぶら下がっている状態はまさに重力の開放を意味しております。ということは、ぶら下がる時間が多い人はその分身長が伸...

身長を伸ばすための手術とはまず成長期にある人は見送るべきでしょう。中学生でうんと小さい場合でも急激に伸びる可能性があるからです。もし放っておいても晩稲で高校生ぐらいでぐんぐん伸びたらどうします?さらに成長期にある人は手術は受けられないでしょう。成長が止まった大人が受けるものです。手術を考えるなら成長が完全に止まってからでも遅くないではありませんか?手術のリスクとは高額の手術をしたことが痛手となる可...

トップへ戻る