成長痛とは

成長痛は体が成長する部位である骨の継ぎ目付近にある骨端軟骨が刺激を受けて痛みを伴うものです。さらに、急激な骨の発育に筋肉が付いて行かないで痛みを伴うこともあります。

 

成長痛の主な部位は膝やかかと付近です。僕の記憶は古すぎて覚えておりませんが、子供が痛いと入っていた場所はかかとですね。ジンジンして痛い、と言った表現で訴えておりました。

 

大体小学生から中学生に多く、それ以下ですと、活発に遊びすぎて関節に負担がかかってしまい、『痛い』となることも多いそうです。

 

幼少期は年間5センチほど成長しますが、急激に伸びる中学生位になると、だんだん成長痛も収まってきます。

 

ひどい子は夜中も膝付近が痛くて目が覚めるという状態も有るらしいので個人差が有るようです。うちの子供はそこまでひどくはなく、ジンジンする程度でした。

 

成長痛はどんな痛み

 

子供は『高いところから飛び降りた時の後、骨が響いている痛み』という表現をしておりました。なるほどね。

 

他の原因もあるそうですので引用します

以前は骨の成長のせいと考えられていましたが、今では精神的な不安感などが原因だと考えられています。

 

例えば、下の子が出来て、自分にかまってもらえることが減ったとか、母親が働きだしたとか、家庭環境の変化があった。
とか、他にも母親が子育てに神経質になってしまっている場合などにも起こりやすいようです。


シマモト整体院様

 

なるほど。精神的に不安定で起きる要素もあるそうです。

 

あまり気になるなら病院で見てもらって、何でもなかったら『成長痛だね』と安心して大丈夫ですね。本当に膝やすね、足首が痛いってお子さん多いんです。

 

成長痛がひどいお子さんイコール伸びが大きいと言う公式が当てはまるかは定かではありません。

トップへ戻る