身長を伸ばすための手術

身長を伸ばすための手術とはまず成長期にある人は見送るべきでしょう。

 

中学生でうんと小さい場合でも急激に伸びる可能性があるからです。もし放っておいても晩稲で高校生ぐらいでぐんぐん伸びたらどうします?

 

さらに成長期にある人は手術は受けられないでしょう。成長が止まった大人が受けるものです。

 

手術を考えるなら成長が完全に止まってからでも遅くないではありませんか?

 

手術のリスクとは

 

高額の手術をしたことが痛手となる可能性だってあるのです。

 

手術をするなら骨を疑似的に骨折させ、隙間を開けて、その隙間が埋まるまで待つというものです。相当の高額ですし、リスクはあります。

 

意図的に骨折させ、隙間をあけて、そこが埋まるまでボルトで補強を入れたり、さらに骨が生成して隙間が埋まっても補強を入れっぱなしで対応するなど、手術も強度不足等のリスク回避のために改良はされているそうですが、

 

強度は何もしないより落ちることは覚悟しないといけません。

 

イリザロフ法、ISKD法というもので、費用は両足で1000万円くらいも珍しくありません。家の値段もするのです。

 

あまり身長を伸ばすための手術は一般的ではないですし、べらぼうなお金がかかるということを覚えておいてください。

 

正直選択枠から外れると思います。だったらアップシューズの素晴らしいものを履いたほうがいいです。高いものですと歩きやすさと高さを両立したものもあります。

 

親御さんがお子さんの身長の悩みを考えるとやりきれないとは思いますが、リスクと高額がかかるため、もっと他の方法、もしくは、メンタル的に身長など気にしないで楽しめる人生を模索したほうが良いと思います。身長が低くても楽しい人生を送っている人はたくさんいます。

トップへ戻る