コラーゲンと身長

コラーゲンというと思い出すのが女性の肌のハリを良くする成分ですね。
プルンプルンはだにはコラーゲン!!というキャッチコピーのCMとかあります。

 

そんなコラーゲンが身長と関係あるのか?!と思われそうですので、説明しますと、

 

コラーゲンの成分はタンパク質なんです。体内の3割くらいのタンパク質がコラーゲンと言われています。

 

もちろん骨にもコラーゲンが含まれますし、歯にも含まれます。軟骨にも含まれます。ですので骨の成長には必要な成分なのでしょう。

 

ならばコラーゲンを含む食材を食べると良いと思いますが、
コラーゲンを沢山含む食材を食べると骨の成長につながるのかというとそこが難しいところです。

 

そもそもコラーゲンのたくさん入った食材(どんな食べ物でも)を食べると胃腸にて消化酵素で分解されます。

 

コラーゲンだって分解されてしまいます。コラーゲンはタンパク質なので当然各アミノ酸に分解されて必要な場所に届けられます。なのでコラーゲンを食べてそれがそのまま骨にいくということは考えにくいです。

 

だからコラーゲンたっぷりの食材ばかり食べてもあまり意味がないと考えられます。そうは言ってもタンパク質は必要な栄養素なのでバランスよく食べることですね。

 

コラーゲンといえばマシュマロも有名な食べ物です。マシュマロの主成分はゼラチン。ゼラチンは豚などから取った繊維状のタンパク質からできたものですが、そのゼラチンと砂糖を煮詰めて作ります。

 

マシュマロもコラーゲンが多いのですが、砂糖が多いため、肥満も気になります。まあマシュマロを食べまくっても身長は伸びるという事は根拠はなさそうです。

 

まとめ

 

コラーゲン自体の身長効果は根拠がないためなさそうですが、栄養素としては取ってみるのもいいでしょう。コラーゲンはタンパク質ですので、体をつくる栄養としては良いものです。

 

マシュマロも食べすぎは注意ですが美味しいので、少しずつ食べるといいでしょう。タンパク質なので、成長期には良いと考えられます。

トップへ戻る