成長期には積極的にアルギニンを摂ろう

お肉はアルギニンの宝庫

身長アップに有用な成分トップ1がアルギニンでしょう。

 

そもそもアルギニンは、

 

成長期のお子さんの年齢ですと、準必須アミノ酸の部類になり、体内で生成しにくいアミノ酸なので、食べて補う栄養素です。

 

成人になると、非必須アミノ酸になり、体内で作られます。

 

だから、成長期なら、アルギニンを含む食品を食べるようにしたいものです。

 

アルギニンと身長の関係

 

アルギニンは身長にどう影響するのでしょうか?

 

本当にアルギニンの作用はさまざまなので、今回は身長に関してのみ、記載いたします。

 

アルギニンは成長ホルモンの分泌に欠かせないアミノ酸なのです。
身長を伸ばすには、成長ホルモンの分泌をたくさん促す必要があります。

 

なにも、カルシウムをどんどん摂れば背が伸びるのか、と言うと、違います。

 

骨を伸ばすには、まず、成長ホルモンがどんどん分泌されないと、ダメなのです。 

 

成長ホルモンが無くて、骨の栄養をいっぱい摂ったとしても、他に使われてしまいます。

 

骨を伸ばすために栄養が使われなくては、身長は伸びません。
その、成長ホルモンに、アルギニンは欠かせないのです。

 

ただし要注意です。

アルギニンは強酸性のため、そのまま大量に飲むと体内は悲鳴をあげます。一番多い副作用として胃を痛めてしまいます。

したがって通常クエン酸などで中和され、胃に影響が極力でないようにして販売されています。
http://www.catracking.com/arginine/←引用元


なるほど、だからDrsenobiru(ドクターセノビル)をはじめアルギニン系のドリンクは酸っぱいんですね。クエン酸は酸っぱいですから。そもそもドクターセノビルを飲んでも胃痛は起きませんのでご安心を。

 

同様に中和してるアルギニンがドクターセノビルと同等量摂れる→ドクターズチョイス HGH Pro

 

アルギニンを含む食品

アルギニンサプリメントで胃を痛めるという心配もない食品から摂るのが本来ベターでしょう。でも実感したいなら1日3000グラム程度アルギニンを摂る必要があり、食品から摂るのは現実厳しいです。
一般的に豆類、肉などアルギニン量は多めですが、そこまで摂れません。しかも、肉類は、高カロリーなので、食べ過ぎは良くないと思うわけです。

 

カロリー的な観点からみると豆類がオススメです。 

 

しかし結構な量を必要とするため、アルギニンサプリをチョイスしてみてはいかがでしょう。

 

ちなみにこれは胃が痛くなりませんし、なんとプロ野球独立リーグの福島ホープス公式飲料として飲まれているサプリメントです。→Drsenobiru(ドクターセノビル)

 

福島ホープス公式サイト
安心して飲めますね。


トップへ戻る